月別アーカイブ: 2018年8月

柑橘類はビタミンを手軽に摂れる

いよかんやみかんなど、柑橘類はビタミンを手軽に摂れるので、シミのない美肌をつくリ出すためにおすすめの食べものです。
みかんを食べるときには、タイミングに注意してください。
紫外線を浴びる前、朝からたくさん食べると、柑橘類に多く含まれるソラレンという成分が光や紫外線を敏感に受け止める働きをして、シミを防ぐどころか、かえってシミの原因になってしまいます。
美肌やシミ予防を考えて、みかんを食べるのは朝より夜、といえます。
かつて一世を風靡したガングロが今また流行の兆しを見せています。
一つの形として落ち着き始めたとも言えますが、懸念されるのはお肌のシミです。
大丈夫という人もいるかもしれませんが、ガングロをやめた後はケアしていた人よりも多くのシミが目につきやすくなると言えるでしょう。
若い頃には考えもしなかったようなシミが、30代半ば頃から顔や手の甲にあっちにも、こっちにも出てきてしまいました。
原因はよくわかっていて、無防備な日焼けのせいです。
幼い我が子と毎日のように一緒に近くの公園まで出かけ、午前中たっぷりと遊ばせました。
お出かけの準備は戦争です。
子供の持ち物を揃えるだけで一仕事、まあいいかと若さゆえの根拠のない安心感でそのまま出かけてしまっていました。
でも、いくら時間が無くても、日焼け止めくらいは塗らなくてはいけませんよね。
後悔先に立たずですから。
スキンケア真っ最中にふと思いついたことがあります。
それはこういうものでした。
柔らかい質の肌にはしわってあまりできないのかもしれない、ということです。
目尻にある細かいしわとか、ほうれい線とかがどうにかなったらいいのに、と思いつつある程度あきらめてもいたのですが、少し前から炭酸パックを始めてみて、なんとなく、肌がしっとり柔らかくなってきた頃からしわがあまり目立たなくなってきたように思います。
炭酸パックのおかげだとしたら、嬉しいですね。
適量のお酒を飲むと、全身の血行がよくなるので、お肌のためにも役に立ちます。
酒粕のパックはよく知られていて、美白に良いといわれています。
酒粕を細かくしてボウルなどに入れ、水を少しずつ加えながら柔らかくし、ゆるめのペーストを作ります。
小麦粉を少しずつ混ぜて適度な固さにし、全体がなめらかになれば、立派な酒粕パックです。
もちろん、お酒の匂いに弱い方には勧められない方法です。
小麦色の肌は健康的で美しいイメージを演出するのに効果的ではあるものの、小麦色の肌には憧れるけど、シミは困ると考える女性も多いでしょう。
肌にシミを作りたくないのであれば、出来るだけ日焼け予防をするしかないですね。
シミ対策で最も需要なのは、日焼け止めをきちんと塗ること、そして、帰宅したら速やかに専用のローションなどで肌が炎症を起こす前にケアすることです。
女性の身体は、出産後しばらくの期間、出産前とはホルモンバランスが急激に変わったこともあって、いろいろなトラブルが起こります。
肌荒れ、シワの増加といった肌トラブルもよく目立つために、悩む人は多いです。
プロゲステロンやエストロゲンといった女性ホルモンの分泌が出産後、急激に減少し、その影響で肌は水分を失いやすくなり、容易に乾燥状態になります。
乾燥している肌は荒れ、敏感肌になることも多いので、そんな肌に無用な刺激を与えない、無添加の製品などを使って保湿を一番に考えたスキンケアを心がけるようにします。
いつしか顔にこんなに増えてしまったシワ、消してしまいたい、と思ってしまいます。
さてそのシワがどうしてできるのかということですが、これはズバリ老化であり、もう一つ、紫外線の影響によるものです。
シワは年齢を重ねていくと増えていくのが当然とはいえ、それでもシワ対策として紫外線を防ぐのは大事ですから、日焼け止めを使い、日傘や帽子も使って一年を通して紫外線対策を行い、対策を怠り、日焼けしてしまったら、日にちをおかずに、できればその日のうちにしっかり肌をクールダウンしてあげて、肌に化粧水をたっぷり吸わせて美容液で保湿、フレキュレル シミやシワ、肌の乾燥を防ぎましょう。
こういった日々の積み重ねが、アンチエイジングにつながるわけです。